ラクスエーター・プラス

ディレクタ(DIRECTA)

力に頼らずに抜歯が可能

抜歯窩の損傷を最小限にするためにスウェーデンの歯科医師によってデザインされました。
ハンドルの形状とサイズは、必要な力を最小限に抑えるように人間工学に基づいて設計されています。

2Sチタン / 3Sチタン / 3Aチタン / DE3チタンは、生体親和性が高いチタンコーティングです。
歯根膜への挿入が容易でシャープニング不要です。

■無理のない抜歯
■骨損傷が最小限の歯周靭帯切断が可能
■インプラントのための良好な骨組織の保全が可能
■抜歯窩の損傷が最小限
■術後の痛みと腫れの経過が良好
■力に頼らずに抜歯が可能
*当社実施アンケート結果より

  • 詳細情報
  • 関連商品
  • カタログ/動画
  • ユーザーの声
  • Q&A

仕様

ラインナップ● K4(スタンダード4 本)
 4 本セット(3C 3S 5C 5S)
 シャープニングツール1 本/解説CD-ROM 付き

● SK4(ショートモデル4 本)
 4 本セット(S2S S3C S3S S3CA)
 シャープニングツール1 本/解説CD-ROM 付き

● K7 本(スタンダード7 本
 7 本セット(2S 3C 3S 3CA 3IC 5C 5S)
 シャープニングツール1 本/解説CD-ROM 付き

● 単品 2S、3C、3S、3CA、3IC、5C、5S、S2S、S3C、S3S、S3CA、1S、DE3、DE5

●3S チタン、2Sチタン

●DE3 チタン、3Aチタン

●シャープニングツール

※ラクスエーター・プラス単品1本にフィクサス1が1個付きます
医療機器届出番号13B1X00133000007

ラインナップ





使用方法

  1. 歯の長軸方向に対して真直ぐに挿入します。
  2. 歯に沿わせて歯槽骨を圧迫しながら歯周靱帯を切り進めていきます。
  3. 根長の 3 分の 2 程度切断していくと楔効果により歯を脱臼できます。


注意事項

エレベーターのようには使用できません。不適切な使用法によるブレードの破損や折れ、及びシャープニングによるコーティングの剥がれは保証の対象になりません。本製品は鋭い刃先を持っています。取扱にはご注意ください。

※オートクレーブ対応(135℃)



*詳細は、カタログをご確認ください。

カタログ

ラクスエーター・プラス カタログ

スウェーデン鋼を用いた逸品 ラクスエーター・プラスのご紹介

ラクスエーター・プラスにはスウェーデン鋼が使われています。このスチールは、純度の高いクロムとモリブデンが主成分で、硬くて弾力があり錆びにくい特性をもつため、一流品として世界の名高い刃物に用いられ、欧米では手術用の鋼製器材にも使用されています。鋼の特性を活かして通常よりもスリムにシェイプすることができるので、硬さとしなやかな弾力に繊細さを増して、掴む物、触れるものの感触を敏感に指先に伝えてくれます。
片刃のマイセルは傾斜面に誘導されて切り進むので、ラクス エーター・プラスの刃先を歯根膜に挿入すると、外側の斜面が骨に誘導されて弧の内側に向かい、歯面に沿って歯根膜を削ぎ落す様に深部に進む設定がされています。力を入れなくとも歯が挺出してくるのは、とても不思議な感覚です。
形状を維持するために、先端を定期的に研ぐことも他にはない特徴ですが 、この鋭利な先端の破損と怪我を予防する目的で、洗浄・滅菌や保管時には専用ケースのフィクサスに収めることも、他の道具とは異なるポイントです。これは特別な道具を大切に扱うことを意識させてくれます。(デンタルワールド36号掲載)

さいたま市立病院 歯科口腔外科 部長 (埼玉県さいたま市)
歯科医師 清水 一

使用歴 15 年ラクスエーターと CO2 レーザーは
低侵襲で迅速な抜歯術に必須のコラボレーション

ラクスエーターは低侵襲で迅速な抜歯術を行い、抜歯後の治癒促進にも貢献する。 以下の3つを理由として示す。 1. CO2 レーザーで蒸散止血した切開創に ラクスエーターで歯周靱帯の切断を行うと刃先がメスのように鋭利なためほとんど出血がなく視野が確保される。 2. ラクスエーターによる歯周靱帯の切断 と楔効果による脱臼は、歯槽骨の保全 だけでなく、抜歯窩内に健全な歯根膜 を多く残し、抜歯窩に早期の歯根膜由 来の血管網を構築する。2) 3. ラクスエーターは、この作用は禁忌 でありそのような操作を行うと刃先の 破損を招く。ラクスエーターを使用すると、術者の抜歯操作が自然に楔効果主体となり、誤った抜歯操作をしづらくなる。(デンタルワールド35号掲載)

ひろ歯科 (大阪府摂津市)
歯科医師 荒川 義浩

抜歯が得意になる ラクスエーター・プラス

私の臨床に使用する抜歯用インスツルメントの中で 「ラクスエーター・プラス」は最も使用頻度の高い外科器具です。
「ラクスエーター・プラス」は、刃先が薄くてシャープで丈夫、ハンドルが把持しやすく滑りにくいのが特徴です。 なぜなら刃部は特殊なステンレス鋼で作られており、ハンドルは滑りにくい表面性状の樹脂で製作されているためです。 そのため、先端部の歯根膜への挿入が容易であるため歯周靱帯の切断が 短時間で可能になります。その結果、骨をはじめとする歯周組織へのダ メージが少なく術後の腫脹と疼痛が最小限で済みます。
数多くあるラクスエーターのラインナップの中で特にお勧めなのが 「3A チタン」と「3CA」です。これらは難しいアングル(口蓋側、舌側、 遠心側)からアクセスできるため薄くて壊れやすい唇側、頬側の骨を温 存しながら歯根の脱臼ができます。 また各ラインナップが色分けされており、視覚的にも器具の取り間違えが防げるコンセプトも気に入っているポイントです。 専用滅菌トレー「フィクサス1」「フィクサス6」もウォッシャーディス インフェクターやクラスBオートクレーブに対応しており、鋭い先端のラクスエーターからスタッフの身を守るシステムになっている点も優れていると思います。(デンタルワールド34号掲載)

青柳デンタルオフィス (千葉県成田市)
院長 青柳 和孝

Q 先端のシャープニングは依頼できますか?
A シャープニングのサービスはございません。(修理も不可)
専用のシャープニングストーンをお使いください。(チタンコーティング除く)
Q 一緒に付いてきたケース、先端キャップは滅菌できますか?
A ケース(グレー)は可能です。先端キャップは滅菌不可です。
Q 滅菌は乾燥工程まで可能ですか?
A 推奨していません。

医療従事者のご確認

当サイトの製品やサービス等の情報は医療従事者の方を対象にしたものです。
一般の方に対する情報提供サイトではありません。

あなたは医療従事者ですか?

いいえをクリックすると一般の方向けページに移動します

お問い合わせ